Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


older | 1 | .... | 18 | 19 | (Page 20) | 21 | 22 | .... | 53 | newer

    0 0
  • 12/30/13--14:52: 良いお年を!
  • やれやれ ふ~ぅ!

    歳神様を迎える準備が 一応できたんよ

    おみかんに比べると 鏡餅のこんまいのが気になる?

    うっとこは ささやかな福の神様で 充分ですらえ

    他に 水まわりの神様には 輪締めも・・・


    玄関の この正月飾り

    宇和島独特のもんやろうかねえ・・・


    一年間 お付き合い下さった皆々様方

    ありがとうさん

    良いお年を お迎えてやんなせやー!

    0 0
  • 12/31/13--16:08: 今年も宜しくです



  • 0 0
  • 01/01/14--15:38: 元旦の朝 
  • お正月は ええねえ 賑やかで

    夕方には 息子夫婦も帰ってくるやろ

    せっせせっせと 御重の準備

    あれ~・ 何か足りんような・・・・・

    煮玉子 たくさん入れて ごまかすかあー

    あっそうよ 海老を入れるん忘れとった

    あぶない あぶない・・・・・・

    今年も いろいろ やらかしそうやなあ

    そして 年賀状を書くので ありましたとさ・・・



    0 0
  • 01/02/14--15:07: 元旦の日の宇和島城
  • 年賀状を書くんんも 疲れてきてな

    ちょっくら 散歩にでも・・・

    珍しいこと 親子3人で登城したんよ

    桑折長屋門には 門松とごぼう注連縄飾りが・・・

    年末の煤払に来れんかったけんね

    やっと お目にかかれたんよ


    井戸丸から 登ろうかねえ


    二の丸からの天守閣


    本丸から見る 元旦の宇和島湾


    天守も綺麗に お化粧されて


    三階の 大鏡餅


    城守衆の子供を真似て?

    きれいに並べる人


    三階の窓からの景色

    あいにくやねえ


    お正月やとゆうのに 

    団体客も何組も 登って来られとったんよ

    ありがたいことやなあ



    0 0
  • 01/03/14--14:43: 元旦の日の夜です
  • せっせと書いた 年賀状

    はよ 出しに行かんとね

    郵便局のポストに投函の後

    そのまま 和霊様まで初詣に


    還暦のもんで奉納された 絵馬


    同級生の名前が・・・・・


    個人的な お願いごとは せんことにしとるんよ

    お賽銭を 気持ちはずんで

    感謝あるのみ 二礼二拍手一礼


    「社殿をぐるーっと 廻るんは 宇和島だけの風習なんかねえ」

    も一度二礼二拍手一礼


    0 0
  • 01/04/14--14:38: 仕事始めです
  • 昨日から仕事なんよ

    一日仕事しただけで 又 連休になるんやけどね 

    いろんな人が 遊びに来て くれたんよ

    こんなん乗って 来られた人も おんさったんでー


    可愛かろー


    ちょっと オメカシしてみたんよ


    三間まで 無事に 帰り着けたかなあ・・・・・

    0 0

    ちょっと 早いんやけどな

    天守閣に お飾りしとった 大鏡餅

    皆で お雑煮にして いただいたんよ

    準備やら何やらで アタフタして 登城したら

    家に デジカメを忘れて しもうたんよ

    ほやけん 賑やかな画像は ないんよー



    0 0

    古切手に


    使い終わった 天ぷら油


    近くに届けに・・・


    入り口には 電池と牛乳パックの回収箱


    中に入るとすぐに 古切手とテレフォンカードの回収箱


    いったん外に出た 裏の隅の方では


    自宅が市役所のすぐそばなんよ

    暮れに 処分しそこねとったけんね

    いや~ほんとに 便利かいな



    0 0
  • 01/07/14--15:00: もう一つの忘れ物
  • 暮れの やり残しが もう一つ

    年末調整 大事やねえ

    ついでに確定申告用の 期末振替も入力して・・・

    後は待つだけになったんよ 

    やったー!

    今年は 出だし絶好調



    0 0
  • 01/08/14--14:49: 金剛山 夜座へ 
  • 滅多に見ん 手帳をめくって

    1月のスケジュールを チェックしてみたら

    日曜日の座禅は アウト

    今日は仕事も 早めに切りつきそうなんで

    夜座へ 行って来たんよ


    そう言えば 去年最後の座禅も 夜座やった


    ご老師様はお留守で 自習やったんよ

    いつもの方ばかりでね

    時計係は 皆んな人任せ

    休み無しの通しで 一時間も 経過しとったんでー

    やれやれ なんとも えらい苦行をしてしもうた 


    とらやの羊羹 ごちそうさま!


    0 0

    えらいこっちゃ~

    理解るんだけ 文字を書き込んで

    後は くずし字辞典を めくる・めくる・・・・・

    今回のは 手におえんがな  どないしょー



    0 0
  • 01/10/14--14:43: 冷かったねえ!
  • 昨日はがいに 冷かったねえ!


    鬼ヶ城の山々は 白くお化粧されて

    奥の方から来た人の 車の屋根はふんわり綿帽子

    雪は 宇和島市内は 大したことはのうて

    松山方面の方が  多かったみたいやねえ


    こがいな冷い日は こたつが一番

    暮れにいただいた 晩白柚(バンペイユ)で 遊ぼっと!

     上部に切り目を入れて 白綿をこそいで

    下部も おんなしように・・・


     一ヶ所切り込みをして 開いたら元の形に戻して


    蓋を取ったら


    びろ~んと 広げて


    ちょうど ええやんばいに 同級生が来てくれたんよ

    「おひとつ どうぞ 」


    香りがようて よいよ美味しかったんよ

    ごっつぉーさん!


    0 0
  • 01/11/14--14:36: 60年近く前の小学生
  • 小学時代の恩師からの 手作り文集

    年が明けて 又 届いたんよ

    今回は 娘さんやお孫さんの近況と

    都知事選に出馬する ある方の話がメインみたいやね

    1年生の時 担任されとったらしいんよ

    すぐに 感想とか礼状とかを 書かにゃいけんのやけど

    目を通しただけで そのままにしとったんよ

    ほしたら待ちきれんのやろうね 電話が掛かってきたんよ

    歳を重ねた人と 話よったら 長ごうなるんよね

    家電の子機の電池が きれてしもうたんでー

    きっと折り返し電話したら 晩御飯の支度もできんなる・・・

    ハガキで お詫びしたんやったんよ

    あたしゃ こっちの一枚の写真に 心奪われたんよ


    昭和30年代の始め頃やろ 二十歳そこそこの先生

    高山からの船で やっと 田の浜に着いたんと

    高山方面に行く あの怖い狭いトンネルも無かったんと

    一人の男の子が近づいてきて 案内してくれたんと

    「お前 何処行くがぞ ・・・・ほんならオラに ついちこいや 」

    「お前 三番叟に 似ちょるのー」

    教師をお前呼ばわりされた  懐かしい話もしてもろうたんよ

    この一枚の写真は 原田政章の写真集の世界やもんね

    「耕して天に至る 」段々畑は 当たり前の漁村の風景

    一番端の男児 弟か妹を「おっぱ」しとる

    首が折れるんやないかと心配するほど よう眠っとるねえ

    こんなんを見せてもろうたら ついつい話が弾むんよ

    たぶん先生のことやけん  次の文集の準備にかかっとんさるやろ

    ブログUPのOKも もろうとるし

    面白い記事があったら 又 紹介させてやなあ

    0 0
  • 01/12/14--14:52: 結人
  • 先ずの協議は 「結人」は 「結い人」にするかどうか

    送り仮名を付けたほうが 「ゆい」と呼んでもらえるんよ

    「けつじん」て 何ぞな?

    それから ロゴマークの案に 

    ああでもない こうでもない

    それぞれに 言いたいことを・・・・・


    それから人物と祭の 二班に分かれて

    原稿を 考えて・・・・・

    脳の引き出し あんまり詰まってないけんね

    こうゆうんが 一番苦手なんよ


    お昼をまたいで 午後も・・・・・

    腹が減っては戦は出来ぬ・・・・・

    覚悟の弁当持参組も おったんよ


    なんやら 外が騒がしい

    あたしゃ冷いけん 窓から


    スライド式の 窓 一度開けてみたかったんよ


    感動の オープン


    塀の下の腐木を除けて 下に新しいんを差し込んどる

    「頭使うより こんな作業が面白やね」

    お昼を済まして どやどや上がって来てた皆の感想

    さあ もう一頑張りするかねえ

    0 0
  • 01/13/14--14:32: YCミーティング?
  • 「結人」の途中で メールがとどいとったんよ

    「今晩6時から 我が家でミーティング」

    「了解」の返信は したんやけど

    日曜の6時とゆうことは 当然んなこと宴会やねえ

    結人終了後 アタフタ イソイソ 帰宅したんよ

    そういえば今朝 ないこと お取り寄せが届いとったんよ

    「土佐ジローの燻製」 よっぽど食べてみたかったんやねえ

    三家族持ち寄りの 食事会らしいわい

    そんなら我が家は 「燻製・サラダ・炊き込みご飯」やね


    包丁式といこうかね




    さあ 準備OKよ!いつでも いらっしゃ~い

    背中は カメラマンかしら・・・


    6時より ミーティングが始まったんよ

    可愛い小学生の 姉妹の二家族

    お姉ちゃん方は フスマを閉めて寒いとこで 何やら・・・・・

    チェアを習ってる子と バレエを習ってる下の二人は

    音楽にのって 次々ダンスを披露してくれたんよ

    「はい次は ブリッジするよ」の 声に

    つい 反応してしもうた

    止める者は 誰もおらんのよ

    小学一年生と 見事 ブリッジ

    けっ けっ けっ くっ くっ くっ (もちろん 笑い声)

    たぶん あたしゃの ブリッジは

    四万十川の 沈下橋みたいやったと 思うんよ

    あ~あ 楽しかったー!

    こん次は 何を披露?しようかねえ・・・

    0 0

    入院中のミシン なかなかの重症

    旧いもんやけん部品が 見つからなんだんと

    やっと部品が手に入って 修理のメドもついたんよ

    ほんならそろそろ ぞうりの準備でも・・・・・

    ほれがねえ これがあたしゃの左手親指へ 落ちてきたんよ


    痛くはないんやけど 血が止まらんでなあ

    ワァッチしとった 男性達が 病院へ行けと大騒ぎ

    しょうがないけん 病院へいったんよ

          「たいしたことはないんやけど・・・・・・・」

    「血液サラサラの薬は飲んでませんか?」

    もうそんな質問される 歳になっとるんやねえ

    診察室に通されて・・・


    「縫うたほうがええかな・・・そのまんまでも直るとは思うけど

    悩むとこだねえ カットバンくらいでは くっつかないよ」

            「医療用テープ貼ってもダメやろか?」

    「ちょうど関節のとこだから テープは無理だね」

            「看護婦さんやったら どうする?」

            「先生やったら どうします?」

    もちろん 答えは ・・・・・

            「やったら 私も縫いません!」

    「医療従事者は 不養生やからね 縫ったほうがいいかもね」

    縫うのは嫌いやないけど 縫われるは大嫌い!

    処置をしてもろうて 帰ったんやったんよ


    今夜から 水仕事はお任せー!

    ルンルンルン

    エプロン姿 可愛いかろ


    後ろ姿には 男の哀愁?がただようとる

    「もう貴方なしでは 生きていけないわ」

    うふっ! 癖になりそうやねえ

    0 0
  • 01/15/14--14:53: 金剛山の額
  • 金剛山で座禅の後 お茶をいただいたり

    写経をしたりする お部屋に

    古めかしい 長~い額が・・・


    デジカメにおさめて 資料をお渡ししたら


    解読しさったんよ

    この書は 17世韜谷(とうこく)老師による

    七言の漢詩文の紀行文 「月瀬紀行」

    七条 宇治 高尾 柳生 木津等の 地名もでてくるんよ

    後半には その時の風景画が 

    明治17年のもんなんと

    まだちょっと 気になるとこもあるみたい

    一応の説明をしてもろうたんで

    メモは あたしゃの 走り書き


    渡部良彦先生 ただの お習字教室の先生じゃないんよね


    字から学ぶこと 多いんよ

    気軽に筆を持ってみなはらんかな・・・・・


    0 0
  • 01/16/14--14:32: 「おとめ」の由来
  • あたしゃが こんまい頃の話なんやけど

    ご近所さんなどから お御馳走なんかの いただきものの時

    今のように使い捨ての 気の利いた入れもんは なかったんよ

    入れもんをお返しする時は 「おとめ」ゆうて

    なんぞええもんあったら入れて お返ししよったんよ


    なんもない時は 「おとめも な~んもないんやけど・・・」と

    ちょこっとマッチ棒を 入れたり

    南天の葉とお米を ちょっと入れて返しよったんよ


    京都の水引館さんの ページを見よったら・・・

    お祝いを 持って来てもろうた人に 

    お返しとして 一割程度お返しするんと

    これがお返しを入れる 「お多芽紙」

    「先方様がお持ちの広蓋に お多芽紙をのせて
     掛かっていた富久紗を掛けて お返しします」

    まあ今時は 結婚のお祝いも 直接届けることはないかもね  

    「おとめ」は「お多芽」から きとったんやねえ

    あ~あ すっきり!

    そう言えば嫁ぐ前に たくさんの「はなむけ」をもろうたんよ

    あれは嫁に出る方だけも もらうんよねえ?

    「おとめ」も 「はなむけ」も あんまし使わんなったなあ

    0 0
  • 01/17/14--14:49: お習字でした
  • たいがい 金曜の夜は ここ


    「王羲之」のお手本は 先週で終了

    今日から新しいお手になったんよ

    あんまり 見ん字体やなあ

    ペラペラ めくってみたら 

    お終いの方に 「止利仏師」の文字が・・・

    社会の教科書で 名前だけは知っとらえ

    仏像の光背の 銅板に彫られとった文字なんと

    そう言われりゃ そんな字体やねえ

    ホリホリする気持ちで モジモジしてみようかね 



    0 0

    愛媛新聞の このコーナー 人気やねえ

    投稿者が増えて 最近はすごい数になっとるねえ

    数名の高校時代の 同級生が ・・・

    あら この子?は 東高の〇〇ちゃん

    ひさしぶりや ちっとも 変わらんねえ

    橋で 陸続きになったら 

    九島は どう変化するんかねえ



older | 1 | .... | 18 | 19 | (Page 20) | 21 | 22 | .... | 53 | newer