Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


older | 1 | 2 | 3 | (Page 4) | 5 | 6 | .... | 53 | newer

    0 0

    縁起物の亀の藁細工

    実は地元にもあったんよ

    西予市「宇和わらぐろの会」会長

    上甲さんといわれる方の記事が愛媛新聞に・・・

    亀だけやのうて鶴もこしらえとんさるんよ

    藁も手に入れた事やし

    あとは挑戦するのみやね



    そうそう「わらぐろ」も地方によって

    形も呼び方も違うんとねえ

    「ミニわらぐろ」をこさえたんがきっかけで

    いろせな藁細工をこさえるようになんなはったんと


    0 0
  • 01/17/13--14:52: 稲藁のはかま取り
  • 綺麗な藁やこと!

    ほんでも細工するには下準備がいるんよ


    はかま取りからせんとな

    でもした事がないんよどうするんやろ

    一本のわらの根元

    薄汚れた感じがするよね


    指でつまんでスーと引いたら綺麗に・・・

    こんな要領でええんやろうかね


    はかま取り前の藁


    はかまを取った後


    全~部取るんは手間なもんやったんよ

    取ったはかまの方ががさばって

    ぎょうさんあるように見えらいね

    そんなことは無いんやけどね

    それにしても綺麗な藁やこと!



    0 0
  • 01/18/13--14:44: 稲藁を打つ
  • 綺麗にはかまを取っても

    それだけじゃあいけんのよ

    水で濡らして叩いて柔らこうにしてやらんと


    どの位水を掛けてええもんやら・・・


    どれだけ叩いてええもんやら・・・

    サッパリ解らんのよ

    本当は「打ち出の小槌」くらい大きい木槌でするんやろうけど

    生憎うっとこには

    こんな可愛いハンマー木槌しか無うてね


    試しに縄を編んでみたら

    プチプチ切れよる音がしてやり直し・・・

    「これでもか~」と力を入れてみたんよ


    fumi様撮影ご協力ありがとさん



    0 0
  • 01/19/13--15:14: 藁縄をなう
  • 藁をなえんと細工はできんけんね

    取り敢えずなうてみんことにゃ

    3~4年前2本どりでなうたことがいっぺんだけあるんよ

    縄ないは全くのド素人

    すっかり忘れてしもうて

    編み始めからどうしたらええもんか・・・

    が しかし そこはええかげんなみねばあ

    縄になったらええやんか!

    取り敢えず やってみるだけなんよ


    問題は藁の付け足しやね


    ここは 解りやすいように・・・


    こがいな感じのかいね


    はみ出たとこはカットするんよ


    解りやすいように うんとはみ出しとるんよ


    その後の順序も忘れてしもうとるんやけど

    とにかく しごかんといけんのよ


    最後に 両手ではさんで

    なう時とはんたい方向へすべらしてよりを強ようにかけるんよ


    三本どり


    三本どりと五本どり


    十本どりまではのうてみたんやけど

    縄を付け足すとこは難しやね

    それと穂の付いた部分は除けとかんと綺麗になえんね

    粗縄になってしまうみたいやね


    デジイチを手にケース家が面白がって追いかけるんよ

    「この撮影は許可いたしません!」

    先にUPされたり

    下手な縄ないを動画で投稿されたらかなわんもんね

    みごと「縄師」に昇格できたあかつきにはよろしく!


    追記: 男前の優しい隊長殿が木鎚をこさえてくれる 事に・・・

             それまで待っとこうかな・・・(スリスリ ゴリゴリ)

       








    0 0

    ツルッツルの着物地に

    紫系の赤の綿プリントを

    少~し加えて縞縞に編んでみたんよ

    たまには足の小さい人用に・・・・・





    0 0


    前作と鼻緒だけ変えてみたんよ

    色変えの様子は又明日





    0 0

    あたしゃのぞうりは

    ほとんど全部ミシンで繋いどるんよ

    編みっ放しで裏でちょん切っとるんやないんよ

    色を替える時もなるべく目だたんとこでミシン繋ぎ

    (時々は失敗するけどね)

    ほんでもこがいな細い縞縞の時は

    毛糸編みの時のように立ち上げて色を替えるんよ


    色々試して他の方法もするんやけど

    今回は2段に1段の色替えやから

    こがいなかんじでしてみたんよ


    右から編んで左へ・・・を2回繰り返したら


    赤色を真ん中から引き出して左の方に編んでいくんよ


    左から右へ・・・右端で折り返したらストップ


    右端から色を替えて左へ・・・


    二段編んで・・・の繰り返し


    裏はこんな感じ



    ちょっと始末がたいへんやね



    0 0
  • 01/23/13--14:26: 布ぞうり 集合

  • 同じ生地で編んでも

    どこか違えて

    世界にひ・と・つ・だ・け

    UPまでに時間がある時は

    出掛けたついでに

    自然の中でカメラにおさめるようにしとるんよ

    これは先だっての日曜日の朝金剛山辺りに行って撮影したんよ



    0 0
  • 01/24/13--15:13: 金剛山太隆寺
  • 夕方まで久しぶりにぽか~んと時間がとれたんで

    ぞうりの写真をとるついでに大隆寺辺りまでお散歩

    この前100名近くのボランティアがお掃除したばっかり

    さぞかし綺麗になっとることやろ



    ここも伊達家の墓所なんよね


    行ってみたいところは

    墓所の右側のあの道


    墓所をお参りさしてもろうて・・・

    ほんとにまあ 綺麗になっとること





    右奥の道を進んだら

    野川登山口から真下に見える竹林へ・・・

    な~んやここやったんか・・・と納得

    ぞうりの写真を撮って引き返したら

    井戸のポンプが新しゅうになっとるに気がついたんよ


    こちらは以前のポンプ

    個人的には古いんが好きやけど

    お墓参りの人は「使い易うなった」と喜んどんさった


    墓所はなかなかお日様があたらんとこやけど

    街はお昼前でなんと明るいこと!

    正面には天守も見えとるね


    鳥の名前はあんまし解らんけど

    野鳥観察が楽しめて

    おまけに「ドラミング」の音がずーっと聞こえとったんよ


    0 0

    日曜日の夜

    三浦天満神社秋祭りの聞き取り調査

    先ずは宇和島ケーブルテレビの祭りのビデオを見て

    「何年前のものかわかりませんが」との文化課からの説明に

    集まってもろうた地元の人達

    「懐かしやの~ わしらがこさえたんよ」

    ビデオ製作に携わっておられた方々がおんさって

    20年前のものと判明したんよ

    その後祭りの出し物毎に5班に分かれて

    お話を聞かしてもろうたんよ

    あたしゃは大内地区の「相撲練り」の担当


    最近は男の子が少のうなって行司は女の子がしよるんと


    「10年たったら 祭りもだいぶ変わるやろうな

      こうやって来てもろうて記録を残してもろたらありがたや」

    「いえいえ 私らは 祭りを続けてもらうんがありがたいですらい」

    行司の口上や相撲甚句

    是非とも見てみたやなあ!



    0 0

    布ぞうりをこさえるには

    先ず大量の布の調達をせんとな

    最近は着物地を仰山な事もらえるようになって

    ありがたやなあ

    最初の頃は誰からもろうた物のか

    全部覚えとったんやけど

    今では解らんなってしもうたわい

    汚れのひどいものは洗ろうたりした後

    7cmくらいに裂いたりハサミを入れたりして

    四つ折りにしてアイロンで紐をこさえとくんよ

    相当の手間暇掛かっとるんよ

    これだけあったら暫くは楽しめるやろうな




    0 0

    今年から城守は月二度集合になったんよ

    そうせんとなかなか作業の時間がとれんでな

    小雪の舞う中

    シダ類等を三の丸に植栽

    外来種の草取りに夢中になって

    画像は撮ってないんよ


    「おーい! 上がって来なさいやー」

    作業中上から先生の呼ぶ声がして

    真下にいたあたしゃが登ってみたら

    でっかいマキノキが!

    イヌマキやったかな? コウヤマキ?


    寸歩を測ってみると


    城代はこれを城山の御神木にして

    「注連縄を巻いてやらんと」

    「誰でも見てもらえるように道もこさえてやらんとなあ」


    足元のコブもすごかろ

    400年はたっとるんかねえ



    0 0

    大木を見に入って

    思いがけずナガサキシダを発見!

    「資料にはあったんやけど確認したんは初めて!」と

    大喜びの先生


    城代はこの葛のネジネジがお気に入り

    80歳過ぎてもターザンごっこでもする気やろうかな~し


    幾島殿はイズセンリョウの実を確認できて・・・

    ご納得


    「取り植がええんですらえ」と先生に教えられて・・・

    早速に・・・

    上手いこと発芽してくれるかな



    あたしゃの一番の楽しみはフデリンドウやね

    ぎょうさん芽を出してくれとるんよ

    大きいなったんもあるねえ

    花が咲くんが待ちどうしやね



    0 0

    ドングリが色々落ちとるけど

    中でも細長うて大きめの・・・そう・・・アレが・・・


    「シリブカガシ」のドングリは食べれるんとー

    早速その場で生で食べてみたらエグミものうて

    シイの実のようにまあまあ食べれたんよ

    おしりのとこが凹んどるやろ

    見分けが簡単やね

    名前もすぐに覚えれるよね


    家に帰って

    ギンナンみたいにレンジでチン!

    美味しそうな艶やねえ


    割ってみたらピーナツみたいな実がぎっしり

    食べてみたらほんとにピーナツみたい

    「脂肪たっぷり栄養たっぷり」とゆう感じ

    味的には椎の実にはかなわんけど

    非常時には覚えとったら役に立つかもよ



    0 0

    昨日届いたんよ「打ち出の小槌」

    先だってグリップと重さを調節しにきてもろうて

    かよわい?あたしゃが振り回しても大丈夫なようにね

    カットと削りをしてもろうたら

    丁度ええやんばいやがな

    「くれぐれも旦那を殴らんように・・・」と釘をさされたんよ

    「はーい 凶器?乱舞はいたしません」


    木鎚が届く前に「甲羅」をためしに編んでみたんよ

    洗濯バサミで止めるかどうにかせんといけんね

    編んだ端から軽~く 叩いてもええかな

    藁が柔らこうになったら具合が違うかも


    甲羅ゆうたらそうゆう名前の編み方があったわい

    「亀甲模様」

    わけすもわからんのに適当に編んでみたんよ

    六角形は歪んどるけど

    編み方はこがいな感じでええんかな


    困ったなあ

    今度の連休は過密スケジュールなんよ

    はよ 使うてみたやなあ!



    0 0

    たまには男衆さんのぞうりも

    編んどかんとね

    結構 男性の布ぞうりファンがおんさるんよ





    0 0

    足のこんまい人でも

    男性は結構足の厚みがあるんやね

    すぐに伸んだらいけんので

    鼻緒立てはきつくしよったけど

    最近は緩めにしとるんよ

    ほんでも個人差大きゅうてなあ

    始めに合わせてあげたらええんやけどなあ・・・

    これは夏に履いたら気持良さそうやね





    0 0
  • 02/02/13--15:03: 布ぞうり 集合
  • 男衆さんの布ぞうり

    待ってましたと手元から消えてしもうたんよ

    又 頑張ってこさえるけんねー!





    0 0

    吉田の町は戦火に遭うてないけんね

    宇和島の城下とは又違ごうて

    ぶらりと街を散策するんにほんとにええとこなんよ

    立間八幡神社の祭礼と吉田陣屋町の

    マップ作成ワークショップ参加して・・・・・

    ひいといしか時間がとれんので

    4班に分かれて散策やったんよ

    あたしゃついでに何時ものように

    何でも目に止まったところをバシャバシャ・・・


    スタート


    この下をくぐって


    塀に開けられたなんと可愛らしい小窓発見


    吉田高校に咲くアンネのバラ


    火の見櫓に有線放送


    金具のもちおくり


    鉄工所やったらしいとこの広~いガラス戸


    庇の下はうだつみたいになっとる


    この助産婦さんは

    何人の赤ちゃんをとりあげさったことやろ


    上甲家住宅のうどんやさんも日曜でお休みみたいやね


    こんなとこで宇和島自動車のバスと出会うと

    なせか嬉しい気持ちになったんよ


    清家醤油醸造所



    0 0

    珍しかろ?

    くじ引きの置いてある駄菓子屋さん

    昭和の匂いがぷんぷんと・・・



    牛鬼の頭のようなんがずら~り


    安藤様到着


    お参りさしてもらおうかね


    「由来もチャンと撮っといてや 帰ってからブログで復習するんよ」

    「はいはい ちゃーんと 撮っとるでー」

    とは言うたもんのちゃーんとやのうて

    ざ~っとやった ごめんね読めるやろか?



    神社をお参りした時の楽しみの一つは

    ぐるーっとお社を回ってみる時

    素晴らしい彫り物に出逢うことがあるんよね



    「これは 変わっとるなあ・・・」と バシャリ 


    家紋やったんよ

    「違い三ツ木・ちがいみつぎ」 な~るほど

    この桜はこれ一枚だけやったみたいやけど


    「安藤様は 私達の お手本です」

    道路に面した境内の石には そう彫られとった


older | 1 | 2 | 3 | (Page 4) | 5 | 6 | .... | 53 | newer